講師ブログ(スケッチ日記)2017前半

2017年1月

スケッチ日記

 

MARE! の絵画教室では、時々「カフェスケッチ」を企画しています。カフェスケッチとはその名の通り、カフェやレストランで素早くお茶やお料理をササ〜っとスケッチするのであります。早く描かないと冷めるし、アイスクリームなどは、溶けるので気合い一発一気に描きます。(もちろん、素早く描ける様に練習してから行きます。)

これがなかなか楽しく、描いている時も、描き終わっていただく時も、描いた絵を後から見る時も幸せな気持ちになります。

(描いてから食べますと、格段と美味しさが増します。砂川、美味しく食べるために描いているという声も…)

これは、カフェスケッチなどの食べ物に限った事ではなく日常の風景や、「あ〜これ何かいいなぁ素敵」と感じた時に、ちょこちょこっと描く作品=スケッチによる日記は、じっくり取り組む作品とはまた違う味わいがあります。

カフェスケッチに行った後から、日常のお料理やスケッチの日記を始めました。とおっしゃる方も多く、強力おすすめです。カフェスケッチ近く企画しており楽しみです。

 

しかし、皆様いざ描く時になりますと、よく(特にケーキなどは)

「これが食べたいけれど、描くのはこっちの方が描きやすいですね。」

「食べたい物と、描きたい物が違うのですがどちらで選んでいますか?」

とお聞きになります。以前の私は、迷いなく

「両方いきます。」

と答えていました。が、先月のブログでも書かせていただいた『事情』により最近の答えは、

「二つから、どちらかを選ぶなら本能、直感でピンときた方を選びます。その方が絶対に絶対に、絶対に後悔しませんからっっ。」

と気迫満々で答えて皆様をドン引かせています。どれほど熱く語ろうが、ものはケーキ…

先月からの、コレステロール対策の我慢が、気迫となって現れている気がします。

 

素敵なカフェスケッチで、変な気迫がメラメラと出てこない事を心底祈る砂川であります。

 

                    ↓カフェへのお礼状であります。

 

IMG_7457.jpg

 

2016年後半の講師ブログを読む  講師ブログ(スケッチ日記)2016後半

2016年前半の講師ブログを読む  講師ブログ(スケッチ日記)2016前半

2015年の講師ブログを読む  講師ブログ(スケッチ日記)2015

2014年の講師ブログを読む  講師ブログ(スケッチ日記)2014 

 

        トップページへ 戻る

  

 

 

2017年3月 

 山手十番館

 

Mare! の絵画教室で先日「カフェスケッチ」で山手十番館に行きました。

大好きな山手十番館。   お洒落で品格が漂う中にも、スケッチを快諾して下さるフレンドリー感。

前日から楽しみでたまりませんでした。 

通常おしゃれ感と無縁の砂川でありますが山手十番館に行くといつも

「こんな感じのする女の人になりたい…」としみじみ思います。日頃連発しております『おぉチャンス!』『それがどうした!』『私はアホや!』など女子力をダダ下げる口癖が吹っ飛んでいくのがわかります。

 

 

ワクワクと皆さんと一緒に、お店に入ってカフェスケッチのスタートです。

 

IMG_3262.JPG

 

 

山手十番館のスタッフの方の素敵な笑顔。

颯爽と描かれる会員の方々(皆さんは全く意識されていないのですが、真剣に描かれている姿は、キリッと本当にかっこいいのです。)

美しいケーキやティーセット、皆さんの活き活きとした作品に、私の幸せバロメーターが振り切れそうになるのがわかります。とても素敵な時間を過ごしながら

「こんな雰囲気のする女の人になろう」

と一人心に決め、カフェスケッチは終了し、スタッフの方に見送っていただきお店を出ました。

 

思わず「ごきげんよう」とか言いたくなったその時、「綺麗な光ねぇ」と会員の方の声がし、見るとなんと美しい光の中に山手十番館が!

 

IMG_3263.JPG

 

 

『おぉチャンス!』すかさず写真を撮ります。道に大幅に出てしまっている砂川。

脳内に聞こえる『ダメでしょー』の声を強烈に打ち消す『それがどうした!』『私はアホや!』という声と共にシャッター押しまくり。まるで演歌「浪速恋しぐれ」の岡千秋状態でありました。

 

歩道に戻り皆さんの「思いっきり車道出てましたね。」に赤面しつつ撮った写真を確認し、美しい山手十番館を見ながらなおも、

 

「いつか…こんな感じのする女の人になれたら」と絶対無理な願望をしつこく抱く私でありました。

 

2016年後半の講師ブログを読む  講師ブログ(スケッチ日記)2016後半

2016年前半の講師ブログを読む  講師ブログ(スケッチ日記)2016前半

2015年の講師ブログを読む  講師ブログ(スケッチ日記)2015

2014年の講師ブログを読む  講師ブログ(スケッチ日記)2014 

 

 

        トップページへ 戻る